top of page

宿泊型自立訓練とは?サービス内容や対象者、料金や利用の流れを詳しく解説!

宿泊型自立訓練とは?サービス内容や対象者、料金や利用の流れを詳しく解説!

宿泊型自立訓練は、利用者が施設内に宿泊しながら、日常生活のスキルや機能を向上させるための支援を受けるサービスです。


このコラムでは、宿泊型自立訓練におけるサービスの内容やその対象者、料金、期間や利用の流れについて詳しく解説しています。自立訓練を利用したい方やご家族が、宿泊型の支援サービスを検討されている場合、このコラムを参考にしてください。


宿泊型自立訓練とは

二段ベッドでくつろぐ男性

宿泊型自立訓練とは、知的障害や精神障害を持つ個人が、自立生活を送るための支援を行う障害福祉サービスの一つです。宿泊型自立訓練では、利用者が宿泊し、居室や設備を利用しながら、日常生活能力の向上を図るための支援が行われます。


例えば、食事や家事などの日常生活スキルの訓練や、生活に関する相談やアドバイス、健康管理などが支援内容として挙げられるでしょう。


また、個別の支援計画に基づき、利用者のニーズに合わせて昼夜を通じた訓練が組み合わせられることもあります。昼夜を通じた訓練は、地域移行に向けた関係機関とのスムーズな連絡調整や、積極的な地域移行の促進に有用です。


一方、「生活訓練」は食事や入浴、排せつなどの日常生活スキルに関する支援を主とし、利用者が生活の中で自立できるようサポートするのが特徴で、「機能訓練」は身体的なリハビリを必要とする障害者に対して、理学療法や作業療法などの身体機能の向上を目指す訓練を指すのが特徴です。


つまり、宿泊型自立訓練が「夜間」の生活の場所を提供して訓練をするのに対し、生活訓練と機能訓練はそれぞれ「日中」に生活スキルと身体機能の向上を重視した訓練を行う点が異なります。


出典:厚生労働省(各サービスの現状)


生活訓練に関してはこちら、機能訓練に関してはこちらの記事にて詳しく解説しております。併せてお読みください。



宿泊型自立訓練のサービス内容

タオルを運ぶ女性

宿泊型自立訓練では、以下のようなサービスが行われるのが特徴です。


  • 生活訓練:食事の準備や調理、家事全般、洗濯、入浴、清掃など、日常生活スキルの向上を図るためのトレーニングが行われる

  • 相談・アドバイス:利用者が生活上の問題や不安を相談できる場を設け、スタッフが適切な助言や解決策を提案する

  • 支援:生活訓練のほか、日常的な活動や外出支援、地域移行支援など、利用者の自立に向けた継続的な支援が行われる

  • 健康の管理:健康状態のモニタリングや医療機関への連絡調整、必要に応じた医療支援などが行われ、利用者の健康管理をサポートする



宿泊型自立訓練の対象者

面接を受ける7人の男女のイラスト

宿泊型自立訓練の対象者は、知的障害や精神障害、難病などを持ちながら、日中に一般就労や外部の障害福祉サービスを利用している方々です。


具体的な例を挙げると、特別支援学校を卒業して一般就労をしているが、更なる生活能力向上を目指す方や精神科病院退院後、日中の活動が可能になったが自立に向けての支援が必要な方が該当します。


また、難病を患いながらも日常生活を維持するために支援が必要な方々も含まれます。

これらの方々に対し、居室や設備を利用しながら生活能力を向上させ、社会生活を営むための支援を行うのが宿泊型自立訓練です。



宿泊型自立訓練の利用料金

貯金箱にコインを入れる女性のイラスト

宿泊型自立訓練の利用料は、原則として利用者の世帯所得に応じて月々の負担が決まりますが、利用者の負担割合は1割とされるのが一般的です。


ただし、生活保護受給世帯や市町村民税非課税世帯など、特定の条件を満たす世帯には利用料が免除される場合があります。


また、所得が一定額以下の世帯には利用料の上限が設けられています。



宿泊型自立訓練の利用期間

カレンダーと時計を見つめる女性のイラスト

宿泊型自立訓練の利用期間は原則として2年間ですが、特定の状況下では3年間まで延長できます。


例えば、長期入院者や重度の障害を持つ利用者には3年間の利用期間が適用されることなどが挙げられるでしょう。


また、個々の状況や必要性に応じて、市町村が利用継続の必要性を確認し、更新を行うこともあります。



宿泊型自立訓練の利用の流れ

階段を上る男性のイラスト

宿泊型自立訓練の利用手順は、居住する地域の福祉課や福祉サービス提供者に相談し、宿泊型自立訓練を利用したい旨を伝えることから始まります。複数の事業所を見学し、利用者に適した施設を決定した後、事業所に利用希望を申し込み、必要な手続きを行います。


その後、障害福祉サービス受給者証の交付手続きを行い、利用料の支払いや入所手続きを完了するのが一般的です。利用開始後は、個別支援計画に基づいたプログラムが提供され、日常生活の向上や地域移行の支援が行われます。


ただし、地域や事業所によって手続きやプログラム内容は異なるため、それぞれの要件を確認する必要があります。近隣地域の事業所について、事前に調べておきましょう。



まとめ


このコラムでは、宿泊型自立訓練のサービス内容や対象者、料金、利用の流れについて詳しく解説しました。


日常生活の動作や機能を向上させたい方の中でも、日中に一般就労している方や外部の障害福祉サービスを利用している方にとって、宿泊型自立訓練は有益な支援手段となります。


施設内での宿泊を通じて、専門スタッフによるきめ細やかなサポートを受けながら、自己の能力を最大限に引き出すことができる宿泊型自立訓練を、ぜひ活用してみてください。


Comments


bottom of page