top of page

自立訓練(機能訓練)とは?サービス内容や対象者、利用料や利用期間を詳しく解説!

自立訓練(機能訓練)とは?サービス内容や対象者、利用料や利用期間を詳しく解説!

自立訓練(機能訓練)とは、日常生活における動作や機能を向上させるための支援プログラムです。


このコラムでは、自立訓練のサービス内容や対象者、利用料、利用期間などを詳しく解説しています。自分自身の生活の質を向上させたい方や、より快適な生活を送りたいと考えている方は、ぜひご確認ください。



自立訓練(機能訓練)とは

話を聞く女性

自立訓練(機能訓練)は、身体障がいや難病を抱える個人が、地域での自立した生活を送るための支援を提供するサービスです。

理学療法や作業療法によるリハビリテーション、日常生活の相談や助言、就労支援などが含まれます。

全国に多数の施設があり、厚生労働省が発表している自立訓練(機能訓練)の事業所数は2021年に211件、2022年に219件、2023年に227件と、年々増加傾向にあります。


出典:障害福祉サービス等情報公表システムデータのオープンデータ



自立訓練(機能訓練)のサービス内容

リハビリしている女性とサポートする男性

自立訓練(機能訓練)のサービス内容は以下の通りです。


①リハビリテーション:理学療法や作業療法を通じた身体機能の回復や向上を支援します。例えば、歩行訓練、日常生活動作の訓練、コミュニケーションスキルの向上などが含まれます。


②相談・助言:日常生活や健康管理に関する相談やアドバイスを行います。食事管理、入浴方法、健康状態のモニタリングなど、利用者のニーズに応じた支援が行われるのが特徴です。


③支援:就労支援や社会参加の促進など、生活全般にわたる支援を提供します。例えば、パソコン操作の訓練、趣味や余暇活動の支援、就労に向けたスキル習得などが挙げられるでしょう。

これらのサービスは、地域で自立した生活を送るための重要な支援であり、利用者個人の状況や目標に合わせて考えられ、専門知識を有したスタッフが行います。



自立訓練(機能訓練)の対象者

車椅子の男性と女性

自立訓練(機能訓練)の対象者は、身体的・精神的な補助が必要な方です。

具体的な例を挙げると、退院や退所後の地域生活への移行に、身体機能の回復や維持が必要な方などです。

他にも、特別支援学校を卒業したものの、地域生活において生活能力の獲得が必要な方なども含まれます。


また、脳卒中、脳損傷、四肢麻痺、自閉症スペクトラム障害、知的障害など、さまざまな障がいを抱える個人も対象です。

さらに、発達障害や高次脳機能障害、精神疾患を抱える方も対象となります。

自立訓練は、障がいの程度や症状に関係なく、自立した生活のための支援を必要とする方に提供されるのが特徴です。



自立訓練(機能訓練)の利用料金

電卓を横に計算する男女のイラスト画像

自立訓練(機能訓練)の利用料金は基本的には利用者が1割を負担しますが、一定の例外があります。

例えば、世帯の所得に応じて利用料の上限が設定されており、その上限を超える場合は超過分を負担しないなどが挙げられるでしょう。

また、利用者やその家族が低所得である場合には、一定の収入基準以下では利用料が免除されることもあります。


さらに、利用者の年齢や障がいの種類、利用するサービスの内容によっても利用料が異なる場合があります。

利用する際は事前に、所属する市区町村の担当部署やサービス提供事業所に問い合わせ、対象者の状況に応じた利用料について詳細を確認することが重要です。



自立訓練(機能訓練)の利用期間

カレンダーに鉛筆で印をつけようとする女性のイラスト画像

自立訓練(機能訓練)の利用期間は基本的には18か月間ですが、例外も存在します。

例えば、頚髄損傷による四肢麻痺などの場合は、最大で36か月間の利用が認められます。


また、利用者の状況や必要性に応じて、利用期間が延長されることもありますが、延長の申請には、専門の医師や関係機関からの証明書が必要です。

上記のように、利用期間は一律ではなく、個々の利用者の状況に応じて柔軟に調整されます。

利用する際は、必要に応じてサービス提供機関や関係者と相談し、利用期間の適切な設定を行うことが重要です。



まとめ


このコラムでは、プログラムの内容や対象者、利用料金や利用期間などを詳しく解説しました。

自立訓練(機能訓練)は、身体的な障がいや難病を抱える方々が日常生活のスキルや機能を向上させて、自立した生活を送るために利用できるサービスです。地域で自立した生活を送るための支援が利用者の状況や目標に合わせて考えられ、専門知識を有したスタッフが対応します。

自立訓練(機能訓練)を利用することで、より自立した生活を送ることができますが、対象者や利用料金、利用期間は利用者の条件によって異なります。

特に料金や期間に関しては、条件によって大きく変動することがあるため、事前に内容を確認しておきましょう。


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page